旧5942タイプTシャツと新5001タイプのサイズ比較です。

5942タイプTシャツ
5942ー1
5942−2
 
 

(新)5001タイプ (5942タイプより若干大きめです)
5942タイプのXSサイズに近いものは150センチタイプです。(XSサイズはございません)
5001−1
5001−2

タグ

2013年5月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

電話とファックスを廃止いたしました。

この度5月8日をもちまして電話とファックスを廃止いたしました。
その理由といたしましては業務と関係のない営業電話、膨大な数のファックスDMが多く、ほとんど使用する必要がなくなったためです。
お問い合わせやご不明な点につきましてはメールにてお尋ねくださいませ。
ファックスをご使用いただいていた方につきましてご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。

なお、デザインなどはPDFもしくは直送していただきますようにお願いいたします。
直送先は〒208−0013 武蔵村山市大南4-24-8です。
PDF送り先はメール abc@fruit-house.comまでお願いいたします。

タグ

2013年5月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

交換、全額返金保証

交換、返金保証

30日間着ていただいて品質に御満足いただけない場合は遠慮なくその理由をお聞かせください。喜んで交換または御返金いたします。自信とこだわりがなければこのようなことはやりません。これ他のお店でやっているでしょうか。

自信があるからこそ、しつこい売り込みやセールスも一切いたしません。御安心ください。

タグ

2012年7月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

リニューアル中でございます。

オリジナルTシャツのフルーツハウスホームページをサーバ移転と同時にリニューアルいたしました。
 

ご注文、ご質問は右にございますフォームよりお願いいたします。

 

アメブロのフルーツハウスはこちらです。

タグ

2012年7月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:オリジナルTシャツフルーツハウスのホームページがリニューアル 未分類

送料、版お取り置き無料

Tシャツご注文金額合計が30,000円以上の場合、送料は無料となります。

お値段に関わらず版の取り置きご希望の方は無料です。2年間ご連絡のない場合はお取り置き無効となります。

タグ

2012年7月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

インクカラー

インクカラーです。
 
 

オリジナルTシャツ用インクカラー

オリジナルTシャツ用インクカラー。クリックすると大きくなります。

 
 以下は金と銀のプリントです。インク表面はザラっとした感じです。 (金、銀インクでのプリントはプリント料金が50%程度お高くなります。通常インクよりも堅牢性が低いです。)

金を黒ボディでプリントするとこうなります。

金を黒ボディでプリントするとこうなります。 
フラッシュが当たっていますのでピカピカ光りすぎていますが、実際には下の写真の白に金をプリントした感じです。


 
金を白にプリントしました。

金を白にプリントしました。


 
 
黒ボディに銀をプリントしました。

黒ボディに銀をプリントしました。
 
こちらもフラッシュで光りすぎています。下の白に銀をプリントしたようにザラっとした感じになります。


 
銀を白ボディにプリントしました。

銀を白ボディにプリントしました。

タグ

2012年7月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

過去の先代のつぶやき

先代がこんなことを当初のホームページでつぶやいておりました。

 

 当店はオリジナルTシャツ、トレーナー、ジャンパーを愛する方のために、今まで以上に品質にこだわり、少量ロットでも激安にしましたので確実に御満足いただけます。ボディの質、プリントの質、サービス、価格、すべてを比べてください。
(当店のこだわり)
よく、安いけれども商品は大丈夫かという御質問がありますが、当店では、まず品質を優先してから価格も最大限勉強しています。だめなボディにプリントな ど無駄なことはいたしませんので御安心ください。ベースになるボディは国内メーカーが自社工場を中国に持ち管理運営しています。形としてメイドイン中国T シャツとなりますが、実質的に国内物よりも品質は上です。リターンのお客様が多いのが何よりの証明ではないかと思います。プリント部門においてもUSAで 最も信頼のおけるWILLFLEX社、UNION社などの最新のインクや国内一流染料をセレクトしています。またプリンティング下板の材質などの細部にも こだわりを持ち、特殊アルミ刷板を発注しました(これすごい重いんです。)このことによりヒーティング効率を格段に高め、従来のものよりも精度を格段に高 めることに成功しました。また下台の精密さと硬度に対応させたスキージ(インクを刷り込むときに使用します)も最高級を使用し、刷り上がりエッジがきれい に出るように工夫してあります。アルミフレーム枠もオーダー作製し、シルクはイタリア製と、とことんこだわっています。さらに、現在、国内一流工場と提携 することで技術の向上と量産体制も整えました。

(なぜ営業時間がおそいのか?なぜ通販専門店に変わったのか?なぜ業販はやめたのか?なぜカード決済しないのか?)
当店は従来路面店として、一応ショールーム(小さいながらも)を構えて営業していました。営業時間については一般的な時間(午前10時から午後6時30 分)を設定していました。もちろん、お客様は現物を見ながらいろいろ判断をされますから安心はされます。しかし、ここでいくつかの問題点がありました。
まず、お店の図体がでかければでかいほどコストが非常にかかること。店鋪を借りるお金、光熱費、人件費、ディスプレイに関わる費用(春だ夏だ秋だ冬だ……なんだかんだで配置や飾りをかえて、この費用は結構ばかにならないのです。)
そしてお客様対応に関する時間的束縛、お約束のお客様を何時間も待っていたり、資料を読めばわかるような質問を延々何時間もされたり(お客様の安心したい気持ちは痛いほどよくわかります。)何組ものお客様が同時来店して待たせてしまったり。
お店の前で人が倒れてたり(きゃー!)、これは飲み過ぎらしいです、すみませーん営業妨害でーす。冬は雪かき、夏は水まき、毎日掃除にガラス拭き。いったいエネルギーを何に使っているのだろうと。
まだまだあります……。日中にかかってくる電話で結構多いのが「私、超有名な株式会社○○の△△ですが……あなたのところでつくってあげようと思うので すが、とりあえずサンプルをタダで1枚つくってもらって、よそのところと比較検討をさせていただいて……」って、あのう……。こっちはお客様の喜ぶ顔がう れしくて商売やってるのに、景品か何かでバラまくために、しかもたくさんつくってやるからってまけろまけろって、100円ショップやバナナの叩き売りじゃ ございませんよー、これ心の叫びです。そんな電話を受けた日には気持ちはブルーになりました。
そこで考えました。先ほど述べたように、お客様が「大変よくできました」と満足してくださる顔が見たくて始めたこの商売、原点に帰ろうと。個人のお客 様、趣味のサークルやクラブ、学園祭などでおそろいを着て盛り上がりたい学生さんたち、この方々は自分たちで本当に、このオリジナルTシャツというものを 通して楽しむ方々なのです。Tシャツを愛してくださる方なのです。この人達だけを対象にしようと考えました。しかし、この方々を対象にした場合、ほとんど の方が日中お仕事をしていたり、学生さんは授業があって電話などの連絡ができないわけです。
そこで、もう、やめました日中の営業は。このコンビニ時代に平常営業にこだわるのはやめようと、電話受付は夕方6時半から。ムダなコストや時間は一切か けない、技術のタタキ売りはしない、好きなお客様とだけ仕事をすると心に決めました。そこで現在のようなシステムに変えたのです。メールとファックスを中 心に、可能な限りむだを省く努力をしています。ですからさらに価格やサービスでお客様に喜んでいただけるようになったと自負しています。

まとめ–というか……

(徹底したコストダウン)要はオリジナルTシャツづくりにいらないものを一切排除するということ。だ から送付用の段ボールも化粧箱を使わず、いろいろなところから来たものをリサイクルして使わせていただいています。ありますよ、きれいな箱も、自慢じゃあ りませんけど。きちんと段ボール会社に企画でつくらせたものが。でもお客様のところに届いたら捨てられてしまうのにちょっともったいないです。カード決済 も便利なようですが、業者に支払うコストはばかになりませんし、お客様の個人データをお預かりするというのもあまり好ましくないのでやりません。例えば、 うちはネット上で買い物カゴをつけて簡単カード決済なんていうことを–実はやっていたのですが、物凄いコストです。こういうシステムはざるの中に水をぶ ちまけるようなものでいくらだって取られるんです。もっともっととのめり込んでいけばいくらだって持っていかれてしまうんです。ですからそんなバカなこと はやめました。オリジナルドメインやインターネットのことも独学で、HPも不十分ですがなんとか自分でこしらえて、お客様に要点が伝わればいいからジャバ だかフラッシュだかもありませんが、そんなものを期待される方は他のお店でお楽しみくださいと負け惜しみを言いつつ、手作りでやってきました。そんなわけ で現在はオリジナルTシャツづくりだけに集中することができるようになりました。
(お客様の損というのは)かかったコストに比例してしまうということ。すなわち店鋪賃貸料、光熱費、人件費、広告費、包装費、カード決済手数料等々、悪い 意味で、これらは全部お客様に還元されてしまいます。ですから、これらをなくせばお客様に価格や品質で還元できるわけです。当店は思いきって全部なくしま したから、いいものを安く提供できるのです。ハイ。簡単に言っていますけれども、本当はビビりました。無店舗でオリジナルTシャツのようなお客様とのやり とりが必要なものができるのか、これ物凄い悩みました。悩んでも仕方ないので思いきって全部なくしました。そうしたらなぜか不思議とリターンのお客様が増 えてきたんです。一度御愛用いただいた方からの御紹介も多くなってきました。ですからこの道を行けということなんだなと力がわいてきたわけなんです。前に 書きましたが、技術あっての商売ですから、手抜きはいたしません。粗悪品を押し売りして一度っきりのおつき合いだなんていうことは考えていません。何度も 何度もリターンしてくださることを願って常に品質の向上を心掛けています。インクなどの材料や道具を大切に手入れし、設備にも常に注意しています。(これ は命!ですから)そんな当店を応援してくださればありがたいと思っています。
まとまりもなく下手くそな長い文になってしまいましたが、最後までご精読ありがとうございました。

タグ

2012年7月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

ランキング

タグ

2012年5月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

メールでのお見積りはこちらから

お見積もりフォーム
お見積りフォームメールでのお見積りはこちらから。

お見積もり用PDFダウンロード

お見積もり用PDF
お見積もりお見積もり用PDFはこちらからダウンロードしメールにて送信するか郵送してください。郵送先は〒208−0013東京都武蔵村山市大南4-24-8

お問い合わせはこちらから

お問い合わせフォーム
お問い合わせ弊社へのお問い合わせ、メッセージはこちらから。

社長の泰斗です。仕事も格闘技も本気で取り組んでいます!

 ありがとうございます。当店を書籍で紹介していただきました!

このページの先頭へ